持続化給付金の申し込みに必要なもの

こんにちは、ゆう坊です。

持続化給付金の申し込みがはじまりましたね。

ゆう坊もネットでわずかながら稼いでいる分が影響を受けているので申し込もうと思います。

一部足りない書類があって、税務署に行かないと申し込めない状態ですが、その辺の必要書類も含めて
まとめてみました。

持続化給付金とは

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。

https://www.jizokuka-kyufu.jp/overview/

個人事業主の場合の給付額は?

給付金の給付額は、100万円を超えない範囲で、2019年の年間事業収入から、対象月の月間事業収入に12を乗じて得た金額を差し引いたもの(金額は10万円単位。10万円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。)とします。

月間事業収入が、前年同月比50%以下となる月で任意で選択した月を【対象月】と呼びます。対象月は、2020年1月から12月までの間で、事業者が選択した月とします。

https://www.jizokuka-kyufu.jp/overview/

2020年の1月から12月の間で、50%以下に売り上げが下がった月がひと月でもあれば申請できます。

当然差額×12か月分になるので、一番売り上げが低い月を選ぶのがベストですね。

2019年度の確定申告で100万円以上あって2020年の一ヵ月の売り上げの落ち込みとの差が、8万ちょっと
あれば満額の100万円給付されます。

申請は2021年の1月15日までなので、これから売り上げが減少予定の方も後から申請できます。

予算は十分に確保されているとあります。

ゆう坊は切羽つまっているので、一日でも早く申請をしたいです。

申請方法は?

Web上での申請「電子申請」を基本とします。

ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、「申請サポート会場」を開設する予定です。

申請にあたり、GビズIDを取得する必要はありません

https://www.jizokuka-kyufu.jp/procedures_flow/

マイナンバーカードやGビズIDは不要で、電子申請ができます。

ここからメールアドレスを登録して、IDとパスワードを発行します。

IDとパスワードでログインすると、マイページが作成されるので

  • 基本情報
  • 売上額
  • 口座情報

を入力していきます。

最後に必要書類を添付して終了です。

個人事業主(白色申告)の必要書類

ゆう坊は白色申告で確定申告を提出しています。

白色申告の場合に必要な書類は

  • 2019年の確定申告書第一票の控え(受領印が押されている事)
  • 売上減少となった月の売上台帳等の写し
  • 身分証明書の写し
  • 通帳の写し

鮮明に内容が分かれば、スマホで撮影したものでOKです。

確定申告の控えは、e-Taxで出している人は受信通知を添付すれば大丈夫なのですが
私の場合は、マイナンバーカードが無いのでメールボックスが開けません(; ・`д・´)

そんな人の救済措置として、納税証明書で代替えがみとめられます。

しかし、納税証明書の発行には税務署での手続きが必要・・・。

郵送での受付もしているようですが、発効までに時間がかかりそうです。

GW中は一切やっていないので、明日納税所の申し込みについて税務署に問い合わせる予定です。

いつ入金される?

通常約2週間程度で、給付通知書が発送されて併せて入金されます。

給付対象外

  • 「性風俗関連特殊営業」当該営業に係る「接客業務受託営業」を行う事業者
  • 宗教上の組織若しくは団体
  • 給付金の趣旨・目的に照らして適当でないと中小企業庁長官が判断する者

ここは異論が出ている個所ですが、残念ながら性風俗関連特殊営業に該当する事業の方はNGだそうです。

お店での接客の他、アダルトグッズや映像送信型のいわゆるアダルトサイトもNGのようです。

まとめ

5月1日から受付がはじまり、初日はサーバーダウンもあったようですので相当数の申し込みがあったと思います。

現段階で、給付された人がいないので、どのような審査基準になるのかは不明ですが
きちんと確定申告していて、対象となる人にはすみやかに給付される事をのぞみます。

ゆう坊は、納税証明書の発行を待ってからの申請になるので少し出遅れますが
申請が完了しましたら、また記事にしたいと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村